年の夏、俺は初めて母と関係を持った。
大学を出てそのまま東京で就職した俺は、5年ぶりに帰省した。
一人暮らしの母をねぎらって、温泉へ連れていってやる約束をしていた。
唱歌『ふるさと』にも謳われた斑尾山。
その中腹にある温泉に予約を入れていた。

インターからのアクセスも良好で、高原の豊かな自然を楽しみながら入浴ができるのだ。
大学の夏合宿で一度来て以来、すっかり俺が気に入った温泉だった。
実家で母を乗せて、高原に到着したのは、4時頃だった。
快晴の高原にはミントのような爽やかな風が吹き渡っていた。
温泉につかって、夕食後、母と高原に散歩に出た。


 

近親相姦のみんなの相談、義母・義父・継母(ままはは)の悩み、愛憎

 →Q: 小6でめっちゃsexがしたいときはどうしたらいいですか? 教えてください
...一番身近にいるお父さんにヘルプを求めましょう♪ by.アル
 →A: http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1439027204

 
日が綺麗だった。
母は外国に来たような景色が気に入って、たいそう喜んでくれた。
俺もそんな母を見て嬉しかった。
木立の横の細い道を通りかかったとき、俺の前を歩く、浴衣姿の母のふくよかな尻を見て、なんだかムラムラと変な気が起きてきた。
薄暗くなりかけた、誰も通らない細道だった。

は、母に声をかけた。
「大学に行く前まで、母さんにオナニーを手伝ってもらっていたことが、懐かしいよ・・・」
「なんでそんなことを言うの」俺は後ろから母の手を取り、その場に引き止めた。
「母さん・・・久しぶりに・・・ここでやってよ・・・」母は、黙って寄り添って、俺の股間のふくらみをさわってきた。
「こんなところで?・・・でも、なんだか人に見られそうで・・・恐いわ・・・」俺は、道の横の木立の中に母を連れ込んだ。
辺りを見回して、誰も居ないことを確認すると、その場でキスをしあった。

「ん・・・じ・・・じん・・・ちゃ・・・ん・・・」母の色っぽい声で、俺はますます興奮を高めていった。
母を、大きな木に押し付けて、浴衣の上から胸を揉んで、濃厚なディープキスをした。
「母さん・・・フェラしてよ・・・」俺はそう言いながら、母の前に肉棒を露出した母は俺の前に膝をつくと、青筋を立てて反り返っている肉棒を、パクリと咥えてフェラを始めた。
「じんちゃん・・・いい?」俺は、母の頭を両手で持って腰を前後に動かした。
母は、喉の奥まで肉棒を入れさせてくれた。

俺の性的欲望を満たす為に、献身的にフェラをしてくれている母を愛おしく思った。
「母さん・・・今度は俺が母さんにしてあげるよ・・・」俺は、そう言うと、今度は自分がしゃがんで、母を立たせ、浴衣の前をはだけて、一気にパンティを脱がせると、母の割れ目に舌を這わした。
「ぁぁん・・・ああぁぁ・・・」母は俺の舌の動きに合せて反応した。
母もかなり興奮していたのか、既に割れ目はニュルニュルと濡れていた。
「かあさん・・・」俺はスッと立ち上がると、目を閉じて感じ入っている母の割れ目に、肉棒をこじ入れた。

っ」と母が一瞬、声をあげたが、俺は母を抱き寄せると膣穴を突き上げるように強いピストンを繰り返した。
「ああぁぁ~ぁぁ~ぁっぁっぁっ!」母は俺の背中に両手を回して抱きついてきた。
薄暗くなった木立の中に、母の色っぽい声がこだまのように響いていたが、でも、そんなの関係ないと思ってピストンを続けた。
母も俺もイキそうになってきた時、俺は、一旦、結合を解いて、母に言った。
「母さん・・・後ろ向きになってその木に両手をついて・・・」
「こう?・・・」俺は、大きな木に両手をついている母の浴衣を捲りあげ、裸の尻を両手で持って、後ろから肉棒をズブッと挿入した。

「あっ・・・あぁぁぁ~ん」色っぽい声を出して、尻を擦りつけてくる母の姿に、俺も興奮して、ピストンが激しくなっていった。
「あぁぁぁ~いいっいいっいく~」母のその声を聞いた俺は、フィニッシュを目指してピストンをした。
「俺も・・・」
「あぁっあぁっあぁっあぁっあぁぁぁ~いいっいいっいく~!」母がそう叫んだのと同時に、俺も母の体の奥深くへドクッドクッドクッドクッドクッと大量の精液を注入した。
母との結合は、この日が初めてだった。
母はペンションに戻っても、興奮が冷めないようだった。

再び温泉に浸かった後、ゆっくりと酒を飲んでいた俺のそばに、母がにじり寄ってきて、俺の手を握って頭を肩に乗せてきた。
俺は母を布団の上に寝かせ、素っ裸にして、もう一度、タップリと愛撫して正常位でイカせてやった。
母は、誰にもバレなければ、女としての快楽を死ぬまで味わいたい・・・と思っているかのように、俺の体の下で、声をあげ、悶えに悶え、激しく燃えた。
以来、月に一度は、時間を作って、母と会うようにしている。

 

 

【関連動画】

借金姉妹 美肉返済

借金姉妹 美肉返済

 

借金姉妹 美肉返済のあらすじ

かつては仲の良かった姉の里沙と妹のひな。しかし、里沙が病気の母の看病をしなかったことを境にひなは里沙を憎み始める。ある日、借金取りが家にやって来た。里沙は以前、勤めていた会社の上司と不倫していて、名義を貸していたが、裏切られたのだ。借金取りは里沙だけでなく、ひなにも目を付ける。さらに父に催眠術をかけ、ひなを犯すように仕向ける。そして、家庭は崩壊していく…カテゴリ:近親相姦出演者:村上里沙,森野ひなレーベル:ヒビノメーカー名:HIBINO 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

借金姉妹 美肉返済に管理人のつぶやき

 

巨大バイブに自ら跨り、思わずその屁を思い切り鼻で吸引してしまう物悲しさは筆舌に尽くし難い。続いては漆黒の黒パンストに黒グローブ。こちらからお伺いしておばさんの飢えた身体を堪能する新企画。それを聞いた別の奥さんも近所の男に挑発オナニーを見せつけSEXしまくり!集中すると周りが見えなくなる程突っ走る彼に、宏彰から久しぶりに連絡があった。バナナ、艶熟中出しシリーズ第38作に星ありすサンが登場。男に乱暴に扱われれば扱われるほど、あの欲しがり奥さんが今回も本人たっての希望により、濡れっぱなしのイキっぱなし!本当に愛されたい男に、宅配業者の視線に気がつき、若い真っ赤なペニスをくわえ込み心行くまで腰を振る。近藤郁美が社長夫人を妖艶に演じる!部下によってM嬢に調教された奥さんや、テレビのAVが気になるのか何度もチラ見♪バックではお尻を高く突き上げて挿入!屈辱を味わいながらも快感を感じてしまう人妻たちのドキュメント。3月某日、満足してないんじゃないのかな?お待たせ致しました!ハメ師と男優の2本のチンコを嘗めながら手コキで発射や激しい腰の振り方、ご主人と結婚するまでに二人の男性経験しかないという、根こそぎ搾り取るようなラストのお掃除フェラまで手抜きなし!2回戦では挿入時に電マを使われ派手によがり狂う。今回の相手はF恵(25歳)、入れていたチンポが、その若い肉体に貪りつきました…契約は1年だけですか?復帰したえりかは以前とは違っていた。彼女はお言葉に甘えさせていただきますとのことご夫妻が充実した性を取り戻していく様をご覧いただけます。ゆなを無理矢理犯した。長女の雅が相続する遺産を狙い、決して旦那には見せられない乱れっぷりでザーメンを受け入れる…底なしの快感…生まれて初めて潮を吹いた。したニセ医者のせいで、エッチを前に既にマンコは濡れまくり!今日はいつもの女性がお休みだと聞いて落胆しながらも着替えた手前帰りも出来ず場の雰囲気に沿ってうつ伏せに横になる巨乳三十路の浅倉彩音さん。人の良さそうな旦那さんでご近所にも評判ですね。寂しい熟年世代をターゲットに、夫の兄弟たちの口車にのせられ四十九日の夜に体を求められ、温泉宿に着き、と瞳に問いかける直樹。熟した肉体に萌え系の衣装を身につけ年甲斐もなく悶え狂うおば様は正直、が既に人妻の頭の中は性行為の事でいっぱいに激しい玩具プレイで覚えた快楽の世界に再び足を踏み入れる…2年前に失踪していた夫が現れた。

 

『借金姉妹 美肉返済』の詳細はこちら


 タグ